日本パーティション工業会

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

工業会の取り組み

耐震性能について

可動間仕切・移動間仕切ともに建築を構成する非構造部材の一つとして捉えられる。
間仕切に作用する地震力の方向は水平方向と鉛直方向とし、耐力上の検討は、日本建築学会『非構造部材の耐震基準』に準拠し水平1G(980gal) 鉛直0.5G(490gal)で行い、構造部材の水平・垂直方向耐力や、接合強度などを確認する。

可動間仕切

可動間仕切は
①変形への追従性 及び
②耐力 の両面から耐震性能を検討する。

可動間仕切の場合、取付ける箇所によっては、建築非構造部材の天井及び床材となる場合が多く、その場合は、その天井及び床材には耐震性能が十分確保されていることを前提として以後の設計基準を定める。

変形への追従性

可動間仕切は、全ての建築物に使用できるが、想定される建築物の変形=層間変位に対し面内、面外とも追従できる構造とする。

JIS A 6512:2007『可動間仕切』では、可動間仕切が建築物の変形に対して耐え得る性能評価方法として、面内変形試験が規定されており、要求性能として、想定される建築物の変形が高さの1/150の面内変形とし、使用上有害な割れ及びはがれがないこと、としている。
面内変形試験の方法は、引用規格である『JIS A 1414-2 建築用パネルの性能試験方法 5.9変形追従性試験』に準拠する。
〈試験の概略〉
パネルを試験装置に取り付け、下図の様に上部仮想駆体を、水平変位(L)とパネル高寸法(H)の比がθになるまで加力し、その時の変形、破壊現象などを観察する。

層間変位角θ=L/H

JIS A 6512:2007『可動間仕切』では上記の通り層間変位角1/150が要求性能として規定されていますが、
『官庁施設の総合耐震計画基準及び同解説平成8年版』では、
鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造では1/200の層間変位角(部材角)、
鉄骨造では1/100の層間変位角(部材角)に対し、
・スライドなどによる目地等の損傷を生じさせない接合部とする。
・面外方向にも追従し得る接合部とする。
とされております。
JIS基準1/150を超える層間変位角(部材角)への対応につきましては、各間仕切メーカーにお問い合わせください。

耐力

水平1G(980gal) 鉛直0.5G(490gal)に対し、構造部材の水平・垂直方向耐力や、接合強度を確認する。

《天井接合部(図 )の検討例》
地震時に水平1Gの加速度が間仕切に加わるとすると、 天井ライナー(笠木)で負担するのは自重Wの半分、1/2Wとなる。

  • 留付材の許容安全荷重(せん断)> 負担重量 であれば、OK
  • 単位長あたりに換算すると、

留付材は、天井の下地材料や使用するビスや専用金具により許容安全荷重も異なりますので、
天井材メーカー及び間仕切メーカーに問い合わせください。

地震時の安全確保のために

可動間仕切の設置にあたっては、地震時の安全確保の為、レイアウト、天井・床種類によっては別途補強が必要となる場合がございますので建物管理者・所有者にご確認ください。
〈参考資料〉
ロックウール工業会発行『システム天井の間仕切ブレース補強ガイドライン(2015年版)』
 ※可動間仕切でも2重ガラスパネルなどは40kg/㎡超える単位質量の製品もあります。
〈関連リンクURL〉
ロックウール工業会

可動間仕切への家具の固定について

可動間仕切は非構造部材なので、収納家具など大型家具の固定には向きません。
〈参考資料〉
日本オフィス家具協会発行『オフィスの地震対策vol.4』(2014年)
〈関連リンクURL〉
日本オフィス家具協会

移動間仕切

『建築工事標準仕様書・同解説 JASS 25 ユニット類工事』(日本建築学会)および『公共建築工事標準仕様書』(国土交通大臣官房官庁営繕部監修)に基づき、下記①~④の基準を計算・試験のどちらかの方法により確認し、水平方向の地震力に対し1Gの加速度に耐える耐震性能を有するものとする。ただし、荷重はすべて短期荷重とする。
①ハンガーレール取付け下地の強度
走行部・格納部それぞれにおいて、取付け全パネル重量の5倍以上の重量に対し、パネル下端(密着材を除く)が床仕上げ面に接着しないこと、または、使用上支障のない耐力及び変形量となること。

②パネルをランナーに取り付ける部品の強度
ランナーに加わる重量の5倍以上の荷重に耐えられること。

③ハンガーレールの強度
ハンガーレールにランナーを取り付けた状態で、パネル重量の5倍の荷重を パネル1枚に使用するランナー数で除した値に対して、使用上支障のない耐力及び変形量であること。

④ランナーの強度
パネル重量の5倍の荷重を、パネル1枚に使用するランナー数で除した値に対して、使用上支障のない耐力及び変形量であること。

(一社)公共建築協会による「建築材料・設備機材等品質性能評価事業」においては、
移動間仕切の評価試験に、「ランナー(吊り車、吊りボルト及びパネル接合部)の引張強度試験」が規定されており、普通パネル重量の5倍の荷重を、パネル1枚に使用するランナーの数で除した値以上の強度が要求性能とされています。同試験はハンガーレールを含めた試験体により、下図の通り上記②~④が試験確認できます。


また、 「建築材料・設備機材等品質性能評価事業」では、別途「吊ボルトの引張強度試験」で1本にかかる荷重の15倍以上の引張強度があることを確認することとされています。

このページの先頭へ